2017.7月【久留米】「クレイペイント揺れる熱帯魚」全クラス

JUGEMテーマ:アートセラピー

 

久留米市では月に1回、社会人アートサロン、アトリエで子ども・親子・みんなのクラスを開講しています。

7月は全ての教室で、粘土と水彩で制作する「クレイペイント揺れる熱帯魚」を実施しました。

大人も子どもも、ごちゃまぜでご紹介します^^

自分の好きな熱帯魚の形をイメージして、粘土を指でのばしながら制作します。

この粘土がとっても柔らかくて気持ちがいいのです。

マチエール(絵肌のデコボコ)を制作し割り箸で模様をつけていく段階では、5歳の男の子も集中しています。

お魚と一心同体になってきたかのようです。

 

いよいよどんな色の熱帯魚にしようかと、みんなでイメージしていきます。

はじめは、淡く淡く色をつけていきます。熱帯魚の透明感を感じますね。

ゆらゆらとウロコまで揺れてるよう。

ふっくらとした頭と薄く伸びるヒレ。子どもたちもマチエールを活かした色付けが素敵ですね。

 

〜みんなの熱帯魚の完成です。〜

 

 

子どもたちも作品に大満足で、テンション高めです。

子どもたちの作品にはいつも驚かされています。

 

 

最後は大人のみなさんの作品。

 

まるで鳳凰のようなヒレやウロコが美しいですね。

 

 

 

 

 

今月もたくさんの熱帯魚の作品が出来ました。

夏らしく涼しげな海の中にいるような気持ちになりますね。

 

熱帯魚の作品は来年の作品展に展示する予定です。

今月もみなさまご参加ありがとうございました。

 

来月は音楽をテーマに描きます。

お楽しみに♪

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL