【久留米】社会人アートサロン「錦鯉を描く」2017.6.14

JUGEMテーマ:アートセラピー

 

久留米市内で月に1回夜に開催している社会人対象のアートサロン。

6月は、見学者や男性の方も2名参加され「錦鯉」をテーマに描きました。

セッション前、近所の川や美術館にある池などでじっくりと泳いでいる錦鯉を観察しました。

こんなに鯉を見たのは初めて。みなさんにお伝えすべく、鯉マニアのように鯉のことばかり考えておりました。

歴史としては200年ほどの錦鯉。はじめにみなさんと好きな模様の錦鯉など話して描き始めます。

 

カラフルで、見たこともないような錦鯉が、みなさんの手によって大事そうに育てられています。

 

ウロコが光輝いていますね。

 

みなさん、目はどんな?ひげは?背びれは?一つ一つの体の部位を大切に描かれていました。

錦鯉は水の中を泳いでいますので、最後は水の流れや勢い、進む向き、光や影などイメージして

水の流れを構成して完成です。

 

 

 

しっかりと尾びれを動かして、進みたい方向に進んでいるようにも見えます。

 

ご家族から「とっても評判が良かったです〜」と嬉しそうに報告してくださいました。

鯉のころんとした形と模様の重なりがとってもキュート。

 

跳ねる錦鯉を演出された方もいました。パシャーンと水の音まで聞えてきそうですね。

尾びれの裏・表に色をつけてくださいました。

 

ポップな錦鯉さんです。^^

鑑賞会も、見所満載。錦鯉の形、動き、色彩、マチエールなどたくさんの素敵なところがあって

伝えきれないくらいでした。

久留米で生まれた新種の錦鯉、優雅で楽しそうに泳いでいますね。

 

この作品は、久留米市美術館1階展示室にて

6月21日(水)〜6月25日(日)まで開催される「ビタミンアート展」で展示します。

美術館の前には、たくさんの錦鯉が泳いでいる池があります。

みなさんの制作した愛らしい錦鯉も一緒に、ご来場者のみなさまにも楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

ご参加ありがとうございました。

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL