【小郡】2017年3月17日(金)生姜の量感画

JUGEMテーマ:アートセラピー

 

fcatのメンバーが福岡県小郡市の高齢者施設にて月に2回

入居者さま向けに1時間半程度のセッションを行っております。

 

小郡にあるこの施設で臨床美術の講師をしているのは

臨床美術士になって今年で4年目の倉吉さんです。

 

倉吉さんのクラスではセッションを始める前に必ず全員で歌を歌います。

これには絵を描くぞ!という緊張感をほぐしたり

クラス全体に一体感を持ってもらえるという効果があります。

 

今日の選曲は卒業の時期にちなんで

「高校三年生」でした。

参加者のみなさんもこの歌はよくご存知だったので

ボードに書いた歌詞を見ながら全員で元気よく歌います。

♪高校〜三年生〜♪♪

 

緊張がほぐれたところで早速製作に入ります。

今日のテーマは生姜!先日八女の施設でも実施したプログラムですが

小郡でもやはり生姜はみなさんお好きなようで

モチーフとして愛着を持ってもらいやすいのがいいところですね。

 

 

生姜を触ったり、握ったり、角度を変えてみたり。

匂いはどんなですか?あんまり感じない?

じゃあ切って嗅いでみましょう!と

実演で生姜をスパスパッ!

するとあたりに生姜のあの香りがふわーん…

「わあーー!いい匂いやね〜」と参加者の方から声が上がります。

 

五感を使ってオイルパステルの中から色を選び重ねていきます。

ゆっくりじっくり生姜を感じながら…

 

ぐるぐると形を造っていきます。

 

はっ、と気づけば沢山のギャラリーの方々が集まってきています!

 

「今日は何を描きよると?」

「はあ〜よかねえ」

わざわざ立ち止まって感心してご見学されていました。

 

臨床美術は描くのももちろん楽しいですが

見る方の心もぐっとつかんでしまうんですね!

 

製作もそろそろ終盤

生姜の細かいところも描き加えます。

 

 

そして仕上げをして完成!

全員で鑑賞会を楽しみます。

自分が描いた作品を沢山の方に見てもらって

改めていいところを発見できる、大事な時間です。

 

今日はとくに沢山のみなさんに参加してもらえたようで

賑やかなセッションとなりました

みなさまありがとうございました!

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL